宮町通り社乃風がプレミアム商品券販売

LINEで送る
Pocket

まち歩きチケットを発行した宮町通り社乃風商業会

諏訪市神宮寺の上社ドライブインなど4団体は今月から、諏訪大社上社本宮北参道の商業施設「宮町通り社乃風」の12店舗で使えるプレミアム商品券「まち歩きチケット」の販売を開始した。100円券が6枚付いたシートを1枚500円で販売。参拝の観光客だけではなく、地元客にも門前町を歩いて買い物を楽しんでもらえるチケットとして取り組む。

2015年度から2カ年の諏訪市産業連携事業補助金(100万円)を活用した取り組みの一環。「ココロ通ひ和みまSUWA」の事業名で、昨年度は上諏訪温泉旅館街と本宮の直行バスを運行するなどした。今年度は参拝客をもてなして、満足度を高める目的で、同商業施設の各店に呼び掛けて実現した。事業費は40万円。

チケットはA4サイズ二つ折りで、飲食店や土産物店、骨董店など各店の情報やガイドマップも掲載。サービス内容は各店で工夫を凝らし、食べ歩き用せんべい(110円)とチケット1枚での引き換え、2000円以上の買い物でところてん1杯サービスなどがあり、季節的なサービスも加えていく。企画に合わせ、取扱店を店頭に掲げる木札も作成した。同企画に参画する諏訪湖温泉旅館組合は宿泊客に周知、まち歩きチケットを提案した荻野屋はバス会社や団体客などにPRし、利用を促進していく。

チケットの取り扱いは同商業施設内の「活の森」。有効期限は発行日から3カ月で、チケットは初回分5万枚を制作した。

同企画の期限は定めておらず、社乃風商業会の上田淳一会長は「継続していきたい。この街を歩いて楽しんでほしいという思い。流動的にサービスを変えていきたい」。同商業施設を運営する上社ドライブインの小口弘子社長は、諏訪湖周と上社周辺のイラストのガイドマップも作成中だと話し、「ここを拠点に頑張っていきたい」と意気込んでいた。

チケットの問い合わせは活の森(0266・75・1076)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP