高校生が古本カフェ 4月1日諏訪に“開店”

LINEで送る
Pocket

手作りのチラシを手に来場を呼び掛ける高校生

諏訪地域の高校生らでつくる「Team Suwaction(チーム・スワクション)」は4月1日午前10時~午後3時、喫茶を提供する「カフェ・スワクション」を諏訪市末広の旧森田生花店で開く。空き店舗を1日限定で活用して住民と交流する企画の第2弾。「古本カフェ」と名付けて本を並べる。同会は古本の提供を呼び掛けている。

昨年12月の第1弾はカフェのみだったが、「同じだと物足りない。本があるとおしゃれになる」(諏訪二葉高2年の春山瑞季代表)と古本を加えることにした。その場で読んだり、買ったりできるという。高校生が小学生らに読み聞かせすることも検討している。

同会は富士見町図書館などから20~30冊の文庫や図鑑などを調達。一般からの提供本と合わせて並べる。喫茶は前回同様、市内菓子店から商品を仕入れて販売するほか、高校生手作りの菓子を無料で提供する。

同会はJR上諏訪駅を利用する高校生や地域住民で昨年8月に発足。前回の催しは約50人が来店したという。

古本提供の方法など問い合わせは、同会のメール(teamsuwaction@yahoo.co.jp)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP