納得と満足を 移住経験者が記入式冊子作成

LINEで送る
Pocket

諏訪地方に移住した女性たちが作った記入式冊子

諏訪地方に移住した女性が中心となり、諏訪圏への移住に向けた計画づくりや情報の整理ができる記入式冊子「私の移住プラン」を作った。移住関連情報を詰め込んだガイドブックとは異なり、移住先を決める上での優先順位や家族一人ひとりの思い、資金計画などを書き留めていく手順書の要素が強い1冊。「納得・満足の移住」につなげてほしいとの願いを込めた。

3年前に東京都内から下諏訪町に移り住んだ折茂あやさんら有志が、自らの体験を基にアイデアを出し合い、事前に検討しておいたり、描いておいたりした方がいい11項目を載せた。

移住の目標年月を明確にした上で、それに向けたスケジュールを構築していくページから、どんな住まいでどんな仕事に就くかを具体的に記載する欄も。区費や灯油代を含め「移住後の生活費」を見積もっておくことも勧める。

B5判カラー24ページ。官民協働組織「諏訪圏移住交流推進事業連絡会」や、県諏訪地方事務所の支援を受けて500部作製した。都市圏で開く移住セミナーの参加者や、諏訪圏移住相談センター(諏訪市杉菜池)の利用者らに配るという。

「文章やデザインに秀でた仲間もおり、経験やそれらの長所を生かして作った。(目的への)過程を楽しむ女性に喜ばれると思います」と折茂さん。同センターの磯田延雄相談員は「準備すべきことが明確になるほか、移住後の生活をイメージするためにも有益な1冊になると思う」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP