AI活用タクシー配車 19日実証実験

LINEで送る
Pocket

諏訪地方観光連盟は19日、圏域内を周遊する二次交通の検討へ人工知能(AI)を使ったタクシー配車システムの実証実験を諏訪、茅野両市で行う。AIが乗客の要求に応じてリアルタイムで最も近くを走るタクシーを判断し、配車を促す。降車場所までの走行ルートも案内する。観光客の移動の利便性を高め、長期滞在に結び付ける手段として可能性を探る。

AI機能をクラウドと呼ばれるコンピュータネットワークを仲介して展開するサービス。株式会社「未来シェア」(北海道函館市)が開発したシステムを活用する。東京や函館市で試験運行をしているという。

今回はJR上諏訪駅、茅野駅、諏訪大社上社本宮、前宮を囲む約7キロ四方の区域を対象にする。乗客のスマホやタクシーに取り付ける端末に専用のアプリケーションを設定。乗客がスマホでタクシーの乗車位置や降車位置、配車希望時間、人数を送信すると、スマホに到着予定時刻が返信され、タクシーが到着する。

例えば本宮から上諏訪駅まで行きたい場合、アプリでタクシーを求めると、近くにいるタクシーが本宮に到着。タクシー搭載の端末に表示されたルートで駅まで走行する。

当日は行政や観光協会、タクシー会社の関係者ら約20組40人がモニターとして参加する。実証実験用に諏訪地区タクシー事業協同組合がジャンボタクシー1台(9人乗り)を含む計9台を走らせる。

国の地方創生加速化交付金を活用した事業。実際の配車時間や運用方法などを検証する。

観光連盟によると、交通事業者からは観光客の移動として既存バスでの対応に限界がある中、タクシーの活用がポイントになるとの指摘が出ているという。総務担当の諏訪市観光課は「(今回の仕組みは)リアルタイムで観光客の要望に応えられる。システムを使った旅行商品化ができるか検証したい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP