信州DCまで100日 カウントダウン開始

LINEで送る
Pocket

カウントダウンボードを披露する阿部知事(右から4人目)や峰さん(同3人目)ら

県とJRグループ6社が展開する2017年のデスティネーションキャンペーン(DC)開始まで100日となった23日、実行委員会はJR長野駅在来線改札口前にカウントダウンボードを設置した。阿部守一知事やタレントで県永久観光大使の峰竜太さんらが除幕式に出席し、駅の利用客に県の魅力をアピールした。

DCは1978年から続く大型観光キャンペーンで長野県では2010年以来7年ぶり5回目。期間は7月から9月までの3カ月間。カウントダウンボードは7月1日までの日数と中央アルプス千畳敷カールや富士見高原リゾートなど県内各地の観光地の写真を表示する。

阿部知事は「県の強みをしっかり掘り起こして発信する機会にしたい」と意気込み、峰さんは「笑顔が一番のサービス。さわやかな笑顔を心掛ければお客さんは信州を好きになってくれ、DCもうまくいく」と呼び掛けた。

おすすめ情報

PAGE TOP