カノラ少年少女合唱団 ロビーでコンサート

LINEで送る
Pocket

ロビーで美しい歌声を響かせるカノラ少年少女合唱団

岡谷市のカノラホールを拠点に活動するカノラ少年少女合唱団は25日、「春が来た!2017スプリングコンサート」を同ホールグランドロビーで開いた。小学生から高校生までの団員約100人をはじめ、OBやOG、保護者らも加わって熱唱。吹き抜けの階段をステージ代わりに、豊かな歌声を響かせた。

全体や学年、グループごとに、練習を重ねてきた17プログラムを展開した。曲は「夢をかなえてドラえもん」「ハナミズキ」「群青」「明日という日が」といった合唱曲や歌謡曲、アニメの主題歌などを織り交ぜた。最後に保護者らを交え、全員で「第9交響曲『よろこびの歌』より」を歌い上げ、締めくくった。ロビーには約200人が来場し、大きな拍手を送っていた。

同合唱団はカノラホール育成事業の一環で、1991年に発足。2階の大小両ホールへと続く階段を利用したグランドロビーコンサートは、吹き抜けの音響効果を生かし、大勢の来館者に聴いてもらおうと開いており、今年で4回目となる。

おすすめ情報

PAGE TOP