結婚・子育て情報手軽に 駒ケ根市がアプリ開発

LINEで送る
Pocket

少子化対策の一環として、駒ケ根市は結婚・子育て応援アプリ「こまっぷ」を開発し、提供を始める。出会い、結婚、出産、子育てに関するさまざまな情報を必要な時に見ることができる無料のスマートフォン用アプリで、県内市町村では初の取り組み。市教育委員会子ども課は「必要な情報を手軽に得てもらえたら」と多くの利用を呼び掛けている。

同課によると、市では当初、市内の母親グループが編集に携わる子育て情報誌「おでかけママップ」の電子版を作成する計画だったという。検討を進める中で、より効果的に情報発信しようと、若い世代に身近なスマホ用アプリを活用することになった。

同アプリはホームページや市報などの情報媒体とは異なり、生年月日や希望するカテゴリーを登録することで、必要な情報を選択して入手することが可能。出会い、結婚、出産、子育て、保育園・幼稚園についてなど、市が発信する情報の閲覧に加え、予防接種のスケジュールや利用者の健康管理、子どもの成長記録なども簡単に行える。公共施設や医療機関の一覧では、所在地までの詳細な地図も表示される。

事業費は544万2000円。国の地域少子化対策強化事業交付金を活用し、開発は県内の企業に委託した。同課は「このアプリ一つで、さまざまな情報管理が行える」とし、活用を期待している。

「こまっぷ」は23日から配信開始予定。デジタルコンテンツの配信サービス「App Store」と「Google Play」から無料でダウンロードできる。問い合わせは同課子育て家庭教育係(電話0265・83・2111、内線716)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP