「とことこ」行くよ カモシカさん発売

LINEで送る
Pocket

傾斜を愛らしい姿で歩く「とことこカモシカさん」

伊那市の中小企業などで作る「製造業ご当地お土産プロジェクト」は7日、プラスチック製「とことこカモシカさん」を発売する。同プロジェクトの第5弾玩具で、地元”町工場”6社の技術を結集して開発。ぜんまいやモーターなどの駆動力を用いず、重力や振り子の原理などを応用して坂道を4足歩行する。メンバーは「本業のものづくりや地域の活性化ににつながれば」と期待した。

3Dプリンターを活用した設計はスワニー、金型成形はNK精工、プラスチック成形は工藤樹脂工業、足の回転軸の金属シャフトは美和製作所、デザインはエイピース、パッケージはアリマックスが担当。量産や梱包は、主婦や高齢者が働く内職ワークスペースと市社会福祉協議会の障がい者就労支援施設が行う。

県獣がモチーフの「カモシカさん」は、3年前に商品化した伊那市のイメージキャラクター「イーナちゃん」に続く「とことこ」玩具で、横6センチ、高さ8センチの手の平サイズ。「(イーナちゃんの)2足歩行から4足歩行になり、初めは簡単かなと考えていたが、実際やるといろいろ苦労した」とプロジェクトリーダーでスワニーの橋爪良博社長は振り返る。

お土産第1弾の「サクラコマ」は4年間で累計2万3000個を売り上げ、「とことこイーナちゃん」も3000体と好調。橋爪さんは「今回も伊那市から広めていく。この玩具を契機に仕事も来ており、本業の営業マンになってくれている」と目を細める。

価格は1体950円。当初は市内中心商店街にあるタウンステーション伊那まちで販売し、順次ご当地土産を取り扱う中南信地方の6店舗などに拡大する。問い合わせはスワニー(電話0265・73・6033)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP