自然な出会いを 諏訪市が「縁結び」事業

LINEで送る
Pocket

諏訪市は5月17日から、20~35歳の未婚者に出会いの場を提供する新企画「社会人向け若者アカデミー」を行う。7年目を迎える縁結びサポート事業を学びや体験を通した集いの場に衣替え。課題の参加者確保へ「婚活色」を抑え、「仲間づくり」を前面に打ち出し、参加しやすさを重視。市地域戦略・男女共同参画課は「自然な出会いを提供したい」とし、参加者を募集している。諏訪商工会議所が共催し、市内事業所に周知する。

市は2011年度から男女の出会いを演出する縁結びサポート事業を実施してきた。カップリングを意識したパーティー形式が主体だったが、女性を中心に参加者が減少。同課は「(婚活を強調すると)『恥ずかしい』とか『行きにくい』という声がある」とし、気軽に参加できるよう内容を見直した―とする。

アカデミーは「ネクステージ編」と「エンジョイ編」で構成。ネクステージ編は5月17、31日、6月14、28日の計4回、午後7時~同9時に市内で開き、お金の運用を助言するファイナンシャルプランナーを講師に招いた「マネーライフ講座」やビュッフェ(立食の食事)のマナー講座、寒天工場の見学などを計画している。

エンジョイ編は7月に、諏訪の良さを再発見するような体験型の催しを企画するという。

市内在住かどうかは問わない。ネクステージ編は飲食代など実費は自己負担。定員は各回男女それぞれ15人で先着順。4回全ての参加もできる。申し込みは同課(電話0266・52・4141、内線288)へ。

これとは別に新規に10月に予定する市消防団員対象に行う婚活イベントなども含め、今年度一般会計予算に99万円を計上した。

おすすめ情報

PAGE TOP