ドン・キホーテ出店へ 南信初の茅野市に

LINEで送る
Pocket

ドン・キホーテ出店計画地

茅野市宮川安国寺の旧ユー・パレット茅野店に、大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」が出店を計画していることが12日、関係者への取材で分かった。実現すれば県内5店舗目で、南信地方には初進出となる。ユー・パレット茅野店の閉店から丸3年。地域活性化への起爆剤となるか注目を集めそうだ。

ユー・パレット茅野店は2012年4月、マツヤ(現デリシア)の業務食品スーパーとしてオープン。マツヤは地権者と一帯の賃貸借契約を結び、諏訪大社上社前宮近くの安国寺姫宮区画整理事業区域(約17ヘクタール)のうち北側の2・8ヘクタールを「前宮前ショッピングセンター」として整備した。

ユー・パレットは核店舗だったが、小売業界の競争激化から売り上げが減少。県内の不採算店舗を閉鎖する合理化に伴って14年4月に閉店した。両隣には、現在も営業を続けるホームセンターのホームプラザナフコ茅野店と、14年5月閉店したドラッグストアの旧ツルハドラッグ茅野前宮前店の空き店舗がある。

ドン・キホーテは1980年創業。グループ全体で国内外に360店舗(3月末現在)を展開するディスカウントストア大手で、県内では長野市で2店舗、松本市と上田市で各1店舗を営業している。

マツヤはユー・パレット閉店後、複数の企業と出店交渉を進めていた。デリシア(松本市)の担当者は取材に対し、「現段階でお話できることはない」と語った。ドンキホーテホールディングス(東京)の広報室は「出店についてはホームページで公表します」としている。

関係者によると、ドン・キホーテは6月ごろの開店を目指しており、旧ユー・パレット棟では先ごろ開店準備とみられる作業が始まった。今後、大規模小売店舗立地法(大店立地法)に基づく届出の変更など各種手続きが行われる見通しだ。

同ショッピングセンター周辺では、コンビニエンスストアの閉店もあり、空き店舗が目立っている。地元住民は「またすぐに撤退してしまうようでは困る。(区画整理事業区域内の)商業施設には共存共栄していただき、地域ににぎわいをもたらしてほしい」と期待している。

おすすめ情報

PAGE TOP