定数1超 宮田村議選スタート

LINEで送る
Pocket

任期満了に伴う宮田村議選が22日告示され、定数12に対し13人が届け出た。前回(2012年)が無投票だったことから8年ぶりの選挙戦で、27日の投開票日に向けた定数1超の少数激戦がスタートした。

立候補者の内訳は現職8人、新人5人。党派別では共産1人、ほかは無所属。女性は新人の1人。地区別では南割が3人、町二区、町三区、大田切が各2人、北割、新田、大久保、中越が各1人。年代別は30代2人、40代1人、50代4人、60代6人。

村役場で届け出を済ませた各陣営は、選挙事務所前で出陣式を行い選挙カーで早速遊説に出発するなど、それぞれの活動を展開。5日間の選挙戦を開始させた。

今回の村議選は候補者擁立の動きが鈍く低調に推移していたが、告示日間近になり新人の出馬の動きが活発化して一転、選挙戦ムードに。各候補者は短期決戦に向け、地盤の地域で票を固めるとともに、新人や若手を中心に地区外への支持拡大に力を注いでいる。

期日前投票は23日から26日までの午前8時30分~午後8時、村役場第7会議室で受け付ける。

20日現在の有権者数は7100人(男3431人、女3669人)。

おすすめ情報

PAGE TOP