三峰川上流部のヤマトイワナ 「原種」と判明

LINEで送る
Pocket

伊那市の三峰川上流部に生息するヤマトイワナが固有の遺伝子を持つ原種であることが22日、市の調査で分かった。三峰川の関係団体でつくる「三峰川のヤマトイワナを守る会」は今回の調査結果を受け、遊漁区間の設定など保護と利用のあり方について検討。漁業権を持つ天竜川漁業組合(伊那市)に提言する考えだ。

同日、市役所で開いた「守る会」の会合で、市が遺伝子の調査、分析を依頼した国立研究開発法人水産総合研究センター増養殖研究所内水面研究部の中村智幸さんが「三峰川の本流、主だった支流に原種がいることが分かった」と報告した。

中村さんによると、現地で捕獲したイワナのひれの一部を採取し、遺伝子を解析。遺伝子の配列から原種、養殖魚、交雑種かを調べた。1カ所あたり30匹程度の検体を集めて分析した結果、固有の遺伝子を持つ原種と判明したという。

ヤマトイワナは河川改修などで生息域が減ったり、放流による交雑で在来種の減少が懸念されている。こうした状況を受け、2014年7月に天竜川漁協、市、遊漁関係者などでつくる「守る会」を発足。市は南アルプスのユネスコエコパーク認定を受けた事業の一環で14年度から調査を進めてきた。

おすすめ情報

PAGE TOP