ララオカヤに常設大型スクリーン 

LINEで送る
Pocket

岡谷市内の商業活性化を通じたにぎわいづくりを目指すNPO法人「維新塾」(中島秀明理事長)は、同市のJR岡谷駅前のララオカヤ1階にスポーツ中継を放映できる環境を整えた「ララビジョン」を開設する。常設の大型スクリーンを設けた場所で、5月3日のオープン初日はサッカーJ2松本山雅FCの試合を放映し、ファンや地域住民らに自由に集まって、一緒に応援してもらう。スポーツ観戦による集客を地域の活性化につなげていく。

ララビジョンは3月までケーブルテレビのエルシーブイ(諏訪市)が運営していた「LCVデジタルパークOKAYA」の跡地。約100平方メートルの広さがあり、大型スクリーンやテレビモニターが設置されている。立ち見を含めると最大100人を収容できる。維新塾が4月から管理し、デジタルパークで利用していた映像、音響などの設備に新たな機材を追加した。

放映環境は、Jリーグの全試合を動画で有料配信するインターネットサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」との契約で整え、LCVやBSチャンネルの番組なども放映できる。松本山雅のアウェー戦やバレーボール男子のVチャレンジリーグのVC長野トライデンツ、バスケットボール男子Bリーグ2部の信州ブレイブウォリアーズ、地元の子どもたちが出場する大会や地元の高校が出場を決めた全国規模の大会の番組も放映可能。

維新塾はスポーツを多くの人と一緒に観戦し、一体感を味わうといった新たなスポーツの楽しみ方を提供できる場所として地域への浸透を図っていく。交流企画や歌声喫茶など親睦イベントの会場としても貸し出す。

中島理事長(61)は「スポーツ観戦を軸にララビジョンを活用して、地域のにぎわい創出につなげたい。いろいろなアイデアを持った人たちが集まる場所にもしていきたい」と話す。スペースの利用に関する問い合わせは維新塾ララ事務所(電話0266・24・1419)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP