塩嶺小鳥バス 来月7日から毎週日曜日

LINEで送る
Pocket

岡谷市郊外の「塩嶺小鳥の森」で野鳥観察を楽しむ「第64回塩嶺小鳥バス」は5月7日から今季の運行を始める。6月25日まで毎週日曜日に行う。参加者には乗車記念として野鳥をデザインしたオリジナルピンバッジをプレゼントする。

塩嶺小鳥バスは自然を楽しみ、自然を大切にしようと、1954年に日本野鳥の会諏訪支部の運営で始まった。79年に市に移管され、初夏の恒例行事として定着している。これまで一帯で観察された鳥類は94種で、ヤマガラ、コルリ、オオルリ、キビタキ、クロツグミなどが繁殖しているという。

バス停は全12カ所で、上諏訪駅西口を午前4時50分に出発し、同5時50分に塩嶺閣に到着する。乗車場所は「塩嶺小鳥バスバス停」の旗が目印となる。車で参加する場合は岡谷市役所立体駐車場へ止め、「岡谷市役所前」からバスに乗車する。

料金は大人が諏訪市内乗車1200円、下諏訪町内・岡谷市内乗車1000円、小学生がそれぞれ半額、小学生未満無料。雨天実施。事前の予約不要。朝方は冷えるため、防寒衣を用意する。双眼鏡、ワイヤレスレシーバーを無料で貸し出す。

問い合わせは市商業観光課(電話0266・23・4811)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP