2017年05月03日付

LINEで送る
Pocket

「ナルちゃん憲法」といっても、若い人は知らないだろう。皇太子さまがご幼少のころ、美智子さま(現在の皇后さま)が育児方針を記したものとされている。ご自分が留守でも、係の人が困らずに一貫した育児ができるようにとのご配慮だったそうだ。徳仁親王のお名前にちなんで呼ばれた▼憲法は企業にもある。企業のホームページには必ずといっていいほど経営理念や社是が載る。「わが社の憲法」と称する会社もある。一番大事なもの、拠り所となるもの、それが「憲法」だろうか▼日本国憲法というと第9条がとかく話題になるが、昨年亡くなった永六輔さんは講演で「第九九条を守ればいいんです」と言っていた(「この日、集合。」週間金曜日)。第99条には「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」とある。「守らなきゃいけないと書いてあるので、これを守れば憲法全文が守られる」と話した▼もちろん永さんは現憲法を擁護する立場だったが、条文の文章については、言い回しの難しい悪文として「これは直さなきゃいけない」と指摘した。こういうことを言うとすぐ「改憲派」とみなされる、ともこぼした。このへんが憲法論議の難しいところだ▼きょうは憲法記念日。護憲、改憲とレッテルにこだわることなく、まずは憲法についてよく考えてみるきっかけの日としたい。

おすすめ情報

PAGE TOP