岡谷駅前にララ・ビジョン 山雅に大声援

LINEで送る
Pocket

オープンした岡谷の「ララ・ビジョン」で松本山雅FCの試合を観戦する入場者

岡谷市のJR岡谷駅前にあるララオカヤ1階に3日、スポーツを中心としたライブ中継を放映できる「ララ・ビジョン」がオープンした。初日はサッカーJ2の松本山雅戦を約120人が観戦。大型スクリーンに映し出される試合映像に声援を送った。

ララ・ビジョンは、3月までCATVのエルシーブイ(諏訪市)が運営していた「LCVデジタルパークOKAYA」の跡地。岡谷市内の商業活性化を通じたにぎわい創出を目指すNPO法人「維新塾」(中島秀明理事長)が、中心市街地の活性化と駅前周辺地区への集客拠点とする目的で開設した。

大型スクリーンと音響設備を利用した迫力あるライブ中継で、スポーツを中心とした観戦・応援を大勢で行うことで感動を共有してもらうほか、家では味わえない臨場感で観賞できる場所を提供し、共通の趣味を持つ仲間の出会いの場としても利用してもらう。約100平方メートルの広さがあり、立ち見も含めると最大120人程度が観賞できる。

初日は松本山雅のサポーターを中心に「想定以上」(中島理事長)が来場した。祖父母と一緒に訪れた岡谷田中小5年の矢澤将大君は、「近くに施設ができてうれしい。大きなスクリーンで観るのは面白い」と笑顔。祖父の久栄さん(71)は「地域が盛り上がることにつながる」と話し、施設開設を評価していた。中島理事長は、「大事に活用したい。市民のみなさんからもアイデアがあればどんどん出してほしい」と話している。

ララ・ビジョンの放映環境は、Jリーグの全試合を動画で有料配信するインターネットサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と契約しているほか、地上・BSデジタル放送やLCVデジタル放送なども放映できる。現時点では松本山雅FCのアウェー戦全試合を放映。ほかにバレーボールのVC長野トライデンツやバスケットボールの信州ブレイブウォリアーズの試合放映も調整・検討している。中島理事長は、「収容人員を超える人が訪れるようになれば、中心市街地にもっと大勢の人が集まれる環境を作る可能性も広がる」と話し、市街地のにぎわい創出にさらなる意欲を見せている。

おすすめ情報

PAGE TOP