くつろぎの手打ちそば 伊那市駅前に出店

LINEで送る
Pocket

伊那市駅前ビルいなっせ北側の喫茶店「あ・びえんと」内に、そば店「和」(唐沢和夫オーナー)が出店し、手打ちそばの提供を始めた。上伊那地方で自作して製粉したそば粉を100%使い、二八で打って盛りそばのみで出す。唐沢オーナーは「信州そば発祥の地・伊那市を宣伝しながらこれまで駅前にそば店がなかった。誰もが気軽に立ち寄ってくつろいだ時間を過ごせる『和』の店にしたい」と意気込みを話す。

唐沢オーナーは、信州伊那そば打ち名人の会に所属する母・洋子さん直伝のそば打ち技術を持ち、打ちたてを食べてもらうために毎朝その日の分だけを打つ。献立を盛そばのみにして、そばが持つ本来の素朴な味と香りを知ってもらう。

火力が強いコンロでゆで、冷水できりりと締めたそばは白く輝き、口に含むとほんのりと甘い。シンプルにつゆと刻みネギ、わさびで味わう。旬の野菜を使ったお通しが付き、オプションとして日替わりのおにぎりがある。

唐沢オーナーは「中心市街地でおそばを食べられる場所が少なく、駅から出てすぐに食べられる店としてお客さまをもてなしたい。地元で育てたソバを地元の人間が打つ。地元の人たちに食べてほしいです」と願いを話す。

中心市街地の活性化に取り組む、やるじゃん会の内山和夫会長は「新しい人が新しい取り組みをすることで街に新しい流れが生まれる。閉店する店がある中、明るい話題。とにかくおいしいので、ぜひ一度足を運んでほしい」と来店を呼び掛けている。

初めて来店した2人組の女性は「おいしかったので必ずまた来る」と口をそろえ、「将来的にはぜひ夜も営業してほしい」「この店で一杯飲みたいです」と期待していた。

木曜日定休。午前11時~午後2時。1日150食限定。盛そば700円、大盛り1000円。おにぎり100円。営業時間外は予約制で相談に応じる。

予約、問い合わせは同店(電話0265・78・0899)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP