下諏訪町 出張「高齢者なんでも相談」スタート

LINEで送る
Pocket

下諏訪町は10日、町職員が町内各地区にある集会施設や公共施設などに出向き、お年寄りの生活の悩みや気になる問題の相談に応じる「高齢者なんでも相談」を始めた。初日は老人福祉センターを会場に行った。今後、会場を変えながら月2回のペースで開いていく。

町役場まで出かけなくても身近な場所で気軽に何でも相談できる場を―と、今年度から新たに始めた。来年3月までに合計23回開き、町内全域を回る。健康福祉課の高齢者担当と住民環境課の生活相談担当の2人が相談にあたる。予約不要。会場最寄りの人だけでなく、町内在住の高齢者なら誰でも利用できる。

新規事業として始まったばかりで知らない人が多いせいもあり、初回に相談に訪れたのは1人。内容は住居や墓の管理など「終活」に関わる問題が中心で、利用した男性(74)は「役場までわざわざ行かずに気軽に来られる。気になることが解決できるのでうれしい」と話していた。

次回は17日午前9時~正午、町屋敷公会所に開設する。

おすすめ情報

PAGE TOP