母へ感謝の手作り花束 原村のこひつじ幼稚園

LINEで送る
Pocket

自分たちで摘んだ野の花で母の日プレゼントの花束を作った園児

14日の母の日を前に、原村払沢のこひつじ幼稚園の園児56人が12日、自分たちで摘んだ野の花で作った花束を母親らに贈った。事前に知らされていなかった母親たちは、「サプライズプレゼント」に感激していた。

園児たちは、園庭や近くの土手などでカモミールやチューリップ、スイセン、スミレなど15種類ほどの花を摘んで準備。プラスチック製コップに差し、ひも付きのビニール袋でラッピング。母親の似顔絵を描いたシールも貼った。

退園時間になると、続々と保護者が子どもの迎えにやって来た。帰りの会では、母親への感謝を込めた歌が披露され、それぞれ作った花の贈り物を「ありがとう」の言葉を添えて手渡した。

水野亜弥さん(45)=茅野市宮川=は「初めて母の日プレゼントをもらい、お母さんになれたんだと思えたら泣けてきた」と、愛娘の梨衣沙ちゃん(5)からの贈り物に大粒の涙を流していた。

おすすめ情報

PAGE TOP