50周年は「脈々」 岡谷太鼓まつり

LINEで送る
Pocket

第50回岡谷太鼓まつりに向た300人揃い打ち曲の選考会

2年後に迎える「岡谷太鼓まつり50周年」に向けて、岡谷太鼓保存会は14日、メインとなる300人そろい打ちの新曲の選考会を岡谷市のカノラホールで開いた。保存会加盟の18団体のうち12団体が出場し、自作曲をそれぞれ演奏。最優秀曲には、信濃神龍会の「脈々」が選ばれた。

最優秀曲は、50周年記念300人そろい打ち曲のベースとして採用され、編曲して楽曲となる。1曲は7分ほど。構えや打法、強弱といった曲想、パフォーマンスに加え、そろい打ちに適した曲などを選考基準に審査した。会場には約300人が来場した。

信濃神龍会は伝統ある太鼓連の一つで、先人の築き上げた伝統や思い、技法を次世代へつなげていこう―との思いを込めて作曲したという。脈々と歴史を受け継ぐ祭りの50周年にふさわしいコンセプトや曲名、斬新な打法、曲の抑揚などが評価された。

同会代表の高宮翔さん(31)=同市長地柴宮=は「これから先も残る曲として大勢に打ってもらえれば。原曲の力強さを残しつつ、50年の節目にふさわしい曲に仕上げ、観客に披露したい」と喜びを語った。

結果は次の通り。
(1)信濃神龍会(2)四賀鼓龍会虚空蔵太鼓、鳳翔会

おすすめ情報

PAGE TOP