伊那まつり Tシャツ・うちわデザイン決まる

LINEで送る
Pocket

第60回伊那まつりのTシャツ(上)とうちわに採用されたデザイン

伊那市の第60回伊那まつり(8月5、6日)の実行委員会は16日、今年の祭り用の公式Tシャツと、うちわのデザインを決めた。公募作品の中からTシャツは塩原亮さん(33)=同市西春近=、うちわは堀内百合子さん(44)=同市荒井=の作品を採用した。

Tシャツは5人から5点、うちわは4人から5点の応募があり、小林建正実行委員長や実行委総務広報委員ら約20人で審査した。表彰式は7月26日午後2時から市役所で開く。

選ばれたTシャツは、華やかで楽しい伊那まつりの様子をデザイン性豊かに表現。うちわは、今回の祭りのテーマ「のぞむ」の文字を大きく配置して、黒、赤、白の配色も絶妙に仕上がっている。

今年のTシャツは、60歳(還暦)をイメージして赤系統の色を採用。6月2日から予約の受け付けを開始し、1500円で販売する。

うちわは広告掲載で協賛金を募り、協賛者をはじめ、踊り連参加者、見物客らに配る。協賛金は一口2万円で6月上旬まで受け付けている。

問い合わせは事務局の市観光課(電話0265・78・4111、内線2436)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP