大地震で天守一部倒壊の恐れ 松本城耐震工事へ

LINEで送る
Pocket

松本市は2019年度にも国宝松本城の耐震工事に着手する。震度6強~7の大規模地震が発生した場合、天守の一部が倒壊する危険性がある―との耐震診断結果が出たためだ。市は今年度から、耐震対策基本計画と避難誘導計画づくりに着手し、耐震工事の早期着工を目指す。17日の市議会教育民生委員協議会で明らかにした。

耐震診断は2014年から3年掛かりで実施した。糸魚川―静岡構造線断層帯を震源とする最大規模の地震を想定し、文化庁指針に基づく「安全確保水準」(大地震に倒壊しない)を満たす耐震性の有無に加え、松本城天守5棟の耐震性能を判定した。

その結果、天守は大規模地震に耐える強度が全体的に不足していることが分かった。特に大天守の3階と5階、乾天守の2階と月見櫓の柱・梁の一部が破損し、変形する恐れがあると判明。大天守と乾天守を結ぶ渡櫓も1階の強度不足が指摘された。

診断結果を受けて、市は有識者でつくる「検討委員会」を7月にも設置し、補強に向けた具体的な方法などを協議する。今年度中には耐震対策基本計画を策定する方針だ。市松本城管理事務所は天守入り口と黒門前に、市民や観光客に耐震診断の結果を知らせる看板を設置した。

おすすめ情報

PAGE TOP