先端機器で歴史を見よう 28日高島城祭

LINEで送る
Pocket

先端機器で城の歴史に親しんで-。諏訪市高島公園で28日に開く第48回「高島城祭」(実行委員会主催)で、同市のセイコーエプソンが開発した眼鏡型情報端末「スマートグラス」を活用し、高島城にまつわる史料のデータを画像で映す取り組みを行う。市民ガイドの説明も加え、城に興味を持ってもらう。

スマートグラスは、眼鏡型端末を装着すると、目の前にモニターが現れ、画像を見ることができる。当日は5台用意し、約10分間、高島城に関する絵図など昔の史料を見せて現在の城と対比できるようにする。市民ガイド「諏訪湖エリアまちなか観光案内人」の説明も加え、説明と映像で理解を深めてもらう。午前11時30分、午後1時、午後2時の計3回、天守閣3階で行う。

高島藩主諏訪家墓所(諏訪市、茅野市)が2月に国史跡に指定され、高島城が日本城郭協会の「続日本100名城」に選定されたことを記念した。実行委事務局の市観光課は博物館の企画展などでの同端末利用も想定しており、「観光分野で活用できるか試したい」としている。

高島城祭恒例のステージ発表は午前10時から。古式砲術国宝松本城鉄砲隊の砲術披露を皮切りに市内を中心とした和太鼓や長持ち、花がさ踊りなど22の団体・個人が出演する。

短歌や俳句などの作品展示、市推奨土産品や姉妹都市の静岡県伊東市の物産販売、新茶や水ギョーザ、酒、アイスクリームの無料サービスもある。当日は高島城が入場無料になる。

雨天実施。イベントの問い合わせは市観光課(電話0266・52・4141、内線421)へ。

高島城祭イベントスケジュール
▽式典=午前9時30分~10時
▽高島城無料入場=午前9時~午後3時30分
▽短歌、俳句、川柳などの展示=午前9時~午後3時
▽ステージ発表=午前10時~午後2時30分
▽掛釜=午前10時~午後2時
▽無料サービス(新茶、水ギョーザ、酒、アイスクリーム)=午前10時~午後2時30分
▽諏訪市推奨土産品、野菜、静岡県伊東市の物産など各種販売=午前10時~午後3時
▽市公認キャラクター「諏訪姫」の着ぐるみ登場=午前9時30分~10時、11時~11時30分、午後1時30分~2時

おすすめ情報

PAGE TOP