小型機墜落 3人が勤務、岡谷の会社会見

LINEで送る
Pocket

「マルヤス機械」の記者会見で沈痛な表情を浮かべ、3人について話す林社長

富山県立山町の北アルプスの山中に小型機が墜落した事故で、富山県警は4日午前5時ごろ、「獅子岳」南東斜面(標高2300メートル)で墜落したとみられる機体を発見した。機内から男性4人を救助し、県警ヘリで富山大学付属病院に搬送したが、全員の死亡が確認された。

富山県警によると、死亡したのは、▽松本市の木下孝雄さん(57)▽岡谷市の小口英児さん(48)▽下諏訪町の河西勝基さん(21)▽富士見町の樋口和樹さん(22)。小口さんと河西さん、樋口さんは岡谷市の「マルヤス機械」に勤務している同僚だった。

県警によると、河西さんとみられる男性から3日午後3時ごろ、「松本空港に向かうセスナ機が墜落した。足が挟まれて動けない」「前の2人は意識がなく、後ろの2人は意識がある」などと110番があった。

小型機は、新中央航空(茨城県龍ケ崎市)が運航する単発のプロペラ機「セスナ172P型」。

現場付近は悪天候だったとみられ、県警は霧による視界不良のため上空から捜索を間もなく中止。地上からの捜索も午後8時25分に打ち切った。4日は早朝から再開し、通報から約14時間後に機体を発見した。

富山県立山町の北アルプスの山中で小型飛行機が墜落し4人が死亡した事故を受け、搭乗者の小口英児さん(48)、樋口和樹さん(22)、河西勝基さん(21)が勤務していた岡谷市成田町のコンベヤー製造会社「マルヤス機械」は4日、同社で記者会見を開いた。上司らが3人の日ごろの様子を話し、林広一郎社長(57)は沈痛な表情で「事故発生を聞いてから、機長の木下さんを含め全員の生還を祈っていたが、最悪の事態となり言葉もありません」と語った。

3人はベルトコンベヤー設計を主に担当する設計三課(全32人)に所属。小口さんは係長を務め、ほかの2人は部下として勤務していた。

上司の矢崎治設計三課長(43)によると、小口さんは大学を経て1992年4月に入社。「穏やかな性格で、面倒見も良く部下にとても慕われていた」という。樋口さんは岡谷工業高校卒で2014年4月に入社し、「とても明るい性格で、会社のテニスサークルに所属し、活発な青年だった」。河西さんも同高校卒で2015年4月に入社し「まじめな性格で、高校時代に野球部のキャプテンを務め、礼儀正しい人」とそれぞれの人柄を話した。

溝口弘雄専務(70)は3人について「非常に(仕事を)頑張っていただいていたので、とても残念」と肩を落とした。

同社では小口さんが小型機の操縦免許を持っていたことは知っていたといい、これまでにも小口さんが操縦する飛行機に社員が搭乗し、諏訪湖上空や近隣を飛行していたという。3人は仲が良く、プライベートで泊まりの旅行などにも行っていたとし、矢崎課長は「河西さんと樋口さんは以前も小口さんと一緒に飛んだことがあるみたい」と話していた。

3人が出社したのは2日。矢崎課長は「(小口さんは)帰宅するときに電話中だった私に向かって、頭を下げて帰宅した」と最後の姿を思い出していた。河西さんは4日から、ほかの2人は5日からそれぞれ出勤する予定だったという。

事故を受け、同社は4日午前7時ごろに同社の主要メンバーが会社に集まり、収容先の富山県内の病院へ向け社員2人を派遣させ情報収集に当たったという。

林社長は「これからは残されたご家族の気持ちに寄り添って、静かにご冥福をお祈りしたい」と話した。同社は5日朝、全員朝礼の際に黙とうをささげるとしている。

おすすめ情報

PAGE TOP