牛山純一さんが安曇野ハーフマラソン3連覇

LINEで送る
Pocket

信州安曇野ハーフマラソン3連覇を報告する牛山さん

茅野市役所職員の牛山純一さん(33)=同市玉川=が、安曇野市で4日行われた第3回信州安曇野ハーフマラソンに出場し、1時間5分53秒の大会記録で3連覇を達成した。5日、市役所の柳平千代一市長を報告し、4連覇への意欲を語った。

牛山さんが出場したハーフ一般男子には4336人がエントリー。レースは牛山さんと、駅伝の「全諏訪」チームメートで諏訪赤十字病院医師の岩渕良平さん=諏訪市=、大阪マラソン3位の実績を持つ東京大出の市民ランナー松本翔さん=東京=の3人が争う展開に。牛山さんは中盤の折り返しで抜け出し、2位の岩渕さんに19秒差をつけて優勝した。自身が持つ大会記録も34秒更新した。

牛山さんは「最後まで手が抜けないレースで底力を出し切った」と振り返った。事前に3連覇阻止の”挑戦状”を受けていた友人の松本さんとは、レース後に「健闘をたたえあった」という。

県内を中心に年20回程度のロードレースに出場し、上位入賞を続ける牛山さん。練習では月に400~500キロ走っている。昨年5連覇を逃した第29回諏訪湖マラソン(10月29日)に向けては、「2年ぶりの優勝を目指します」と力強く語った。

柳平市長は「(数々のレースを)総なめにして挑戦者を返り討ちにすることで大会を盛り上げてほしい」と激励。市主催の第11回八ケ岳縄文の里マラソン大会(9月10日)の活性化にも期待を寄せた。

おすすめ情報

PAGE TOP