東伊豆から初夏の香り サマーオレンジ届く

LINEで送る
Pocket

東伊豆町から届いたニューサマーオレンジ

岡谷市の姉妹都市、静岡県東伊豆町から今年も特産のニューサマーオレンジが市へ寄贈された。市は市内の養護老人ホーム岡谷和楽荘と児童養護施設つつじが丘学園に配り、初夏の香りを届けた。

市によると、同町はかんきつ類が特産品で、かつて市内の浴場業者から公衆浴場活性化のために、ゆず湯に使うユズを送ってもらったことがきっかけで始まった。1989年からは毎年初夏にニューサマーオレンジ、初冬にダイダイの寄贈を受けている。

ニューサマーオレンジは郵送で30キロが届いた。お年寄りや子どもにも味わってほしい―という町側の意向を踏まえ、現在は両施設に半分ずつ配っている。和楽荘には市職員2人が訪れ、鮮やかな黄色の実がいっぱい詰まったダンボール箱を入所者に手渡した。

渡辺八千子施設長は「毎年楽しみにしている。そのまま食べたり、ゼリーにして味わいたい」と礼を述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP