子供が夢叶えるには 諏訪で7月23日講演会

LINEで送る
Pocket

7月23日諏訪市文化センターで開く「人生が変わる講演会in諏訪」に向け、諏訪市内の飲食店若手経営者らでつくる実行委員会が準備を進めている。講師は、「最強プラス思考」のチームづくりを全国で広める三重県出身の実業家の大嶋啓介さん(43)と、逆境の中で希望を持ち生活する整体師の平川翔さん(29)=諏訪市中洲=。「子供が夢を確実に叶える方法」がテーマ。多くの親子に聞いてほしい、と来場を呼び掛ける。

大嶋さんは、居酒屋業界の活性化を率先して行い、また独自の朝礼がアマチュアスポーツ界で好成績をもたらしている。2012年にも諏訪市で講演をした。平川さんは、原因不明の脳機能障害により昨年10月に医師から記憶を失うことと「7年生きるのは難しい」と余命宣告を受けたが、「奇跡を起こす」と希望を持ち生活している。

当日は3部制で行う。午後1時から大嶋啓介さんの「夢は叶う」、同2時30分から平川さんの「命の大切さ」、同3時15分から2人が登壇し質疑応答を予定。今講演会は、大嶋さんが平川さんの思いや生きざまに衝撃を受け勇気をもらったことがきっかけ。平川さんのことや夢を地元諏訪の人たちに聞いてほしいと、諏訪の飲食業者に提案した。

実行委員会では会合を重ね、ポスター200枚とチラシ1万枚を作製。関係各所に配布を始め、チケット(大人100円、大学生以下無料)を諏訪、岡谷、茅野、下諏訪の書店や飲食店で販売している。無料の大学生以下は事前にLINEスケジュールで登録が必要。

16日諏訪商工会館での会合で発起人の一人の簑島宏祐さんは、「命の大切さ、子どもの可能性は無限大であることを、子育て中や会社の上司、教育に関わる人たちに聞いてほしい」と話していた。

託児利用者と講演後の懇親会参加者を7月8日まで受け付けている。問い合わせは同事務局(諏訪商工会議所・電話0266・52・2155)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP