笑顔いっぱい!歌声録音 児童13人が作詞

LINEで送る
Pocket

久保田さん(左)の指揮で赤羽さん(手前)と一緒に録音に臨む児童たち

きっとできるよ僕らの夢―。伊那市西春近北小学校の特別支援学級の児童13人が考えた言葉が歌詞になってつながり、はぎ・ふじ・とち組の歌「笑顔いっぱい!」になった。23日の同校音楽会で発表する斉唱曲は、自分たちが作詞で関わった大切な歌。児童らは17日、思い出をCDにして残そうと、作曲や編曲でお世話になった人たちと一緒に、学校の音楽室で歌声を録音をした。

同校によると、特別支援学級の子どもたちは昨年の音楽会の発表で得たものが大きく、今年は音楽会に向けて自分たちで作った歌で参加することにしたという。はぎ・ふじ・とちの3学級の児童13人は今年2月ごろから、作詞のための言葉集めを開始。作曲と作詞のアレンジは、学校の音楽集会に招いたこともあり、上伊那地方でユニットを組んで音楽活動を行っている県伊那養護学校教諭の久保田治彦さん(56)=駒ケ根市=と、赤羽三和さん(25)=伊那市=に依頼した。

出来上がった歌は楽譜になり、児童たちは音楽会に向けて練習を重ねている。「友達と仲良くやっていこうよ、笑顔で進んでいこうよ―という、すごくいい言葉を考えてくれた」と久保田さん。赤羽さんは「前向きな感じがある子どもたちの言葉を基に、子どもらしい元気な曲にした」と話す。とち組で指導する星野正明教諭は「読書が好きで、帰りの時間が来ても本を読んでいるような子どもたちで、言葉を良く知っている。その言葉を、音符に合うようにうまくアレンジしてもらえた」と感謝した。

自分たちの言葉に曲を付けてもらった児童たちは、「やる気が沸いてくる。元気になれる」と満足そう。「みんなで笑顔いっぱいのCDを完成させるぞ―」と声を掛け合って録音に臨んでいた。

おすすめ情報

PAGE TOP