恋の舞台は諏訪湖 8月20日にすわ婚コン

LINEで送る
Pocket

婚活イベントをPRする「こてつ」の北村さん(左)と河合さん

諏訪広域連合は8月20日、第11回「よしもとすわ婚コン(婚活コンパ)―諏訪湖ではじまる夏の恋」を諏訪市の諏訪湖畔で開く。独身男女の出会いを演出しようと場所を変えて開いている。事業を委託する吉本興業グループに所属し、広域連合からすわ婚コン応援隊長に任命されているお笑いコンビ「こてつ」が20日、諏訪市役所で会見し、イベントをPRした。

当日は同市豊田のSUWAガラスの里に集合後、湖畔で参加者が対面。近くのレストラン「かわら亭」でビュッフェ(立食)形式の食事を取る。フリータイムやガラスの里でのガラス工芸体験がある。

こてつの2人は、当日の進行を担当する。北村智さん(37)=前橋市出身=は「ガラスの心を持った男たちの心が割れないようサポートしたい」、河合武俊さん(40)=松本市出身=は「参加者が親密になれるよう手助けできれば」と話した。

広域連合によると、2012年に開始以降、計10回で90組のカップルが誕生した。カップル成立率は約4割という。

男性は諏訪地域から募り、現地集合。女性は居住地を問わない。長野駅からバスを運行し、松本駅を経由して諏訪市に向かう。

募集人数は男女各35人。参加費は男性5000円、女性3000円。申し込みはホームページ「よしもとすわ婚コン」か、アルピコ長野トラベル(電話0263・28・8211)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP