霧ケ峰染める朱色 レンゲツツジ見頃

LINEで送る
Pocket

霧ケ峰高原で見頃を迎えたレンゲツツジ

諏訪、茅野、下諏訪の3市町にまたがる霧ケ峰でレンゲツツジが見頃を迎え、朱色の花が高原を染めている。県霧ケ峰自然保護センターによると、「遅霜の影響などで花は例年よりも少なめ」。それでも「さわやかな風を感じつつ、レンゲツツジを見ながら歩く高原はとても気持ちがいい」などとハイカーたちの目を楽しませている。

梅雨の晴れ間となった23日は「ビーナスの丘」や「車山湿原」などを多くの行楽客やカメラマンが訪れ、草原の緑とのコントラストに見入っていた。上田市から家族3人で訪れた坂井達さん(67)は「霧ケ峰はちょうどいいドライブコース。いい時期に来ることができて良かった」と話していた。

同センターによると、今年は3月末に遅めの降雪があり、全体的に開花は遅れ気味という。現在は車山高原、富士見台などでも見頃を迎えているといい、一帯では6月いっぱいは楽しめそうだ。

おすすめ情報

PAGE TOP