「福祉のヒマワリ」開花 駒ケ根の小出さん方

LINEで送る
Pocket

今年もきれいに開花した「福祉のヒマワリ」

駒ケ根市下平の小出勇さん(81)方で、ヒマワリが咲き始めた。淡い黄色やオレンジ色の花々が明るく一帯を彩っている。9月に同市で開くふれあい広場の運営資金に充てるため、「福祉のヒマワリ」として1本100円で販売している。

2005年から2年間ふれあい広場の実行委員長を務めた小出さんが、資金捻出をと栽培を始めた。ヒマワリは直径15~20センチの切り花用。今年は150平方メートルほどの畑に約1500株が育った。

「春先の天候不順で心配したが、少雨がヒマワリには良かったのか、ここにきて一気に咲き始めた」と小出さん。「ヒマワリは明るい気持ちになり、希望を感じさせてくれる。多くの人に楽しんでもらえれば」と話している。

ヒマワリは同市梨の木の市ふれあいセンターと、上穂南の赤穂公民館で販売している。問い合わせはふれあい広場実行委事務局の市社会福祉協議会(電話0265・81・5900)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP