メダリストが泳ぎ伝授 中村真衣さんが教室

LINEで送る
Pocket

水泳教室で小学生に泳ぎ方の基本を教える中村真衣さん

飯島町七久保のB&G海洋センタープールで1日、シドニー五輪女子100メートル背泳ぎ銀メダリストの中村真衣さん(37)による水泳教室があった。同プールリニューアル工事完成の記念企画。参加した地元の小学生ら30人が中村さんから水泳の基礎を習った。

中村さんは新潟県長岡市出身。シドニー五輪では女子団体400メートルメドレーリレーでも銅メダルを獲得している。現在、同プールの改装費用を負担したB&G財団(東京都港区)の理事を務めており、教室に先だって開いた記念式典の来賓としても招かれた。

プールの泳ぎ初めでは出席した住民約140人を前にクロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの4泳法を披露し、全長25メートルの各コースを静かに速く泳ぎきった。続く教室では水泳の基本を伝授。「バタ足はビシャビシャという音を立てず、ポポポポと静かな音が出るよう意識すると前へ速く進む」とアドバイスした。

同プールは1986年完成後、89年に町へ無償譲渡された。老朽化に伴い、昨秋から修繕工事に着手していた。事業費3850万円のうち、2500万円を同財団が助成している。

おすすめ情報

PAGE TOP