岡谷きつね祭 花嫁・花婿決まる

LINEで送る
Pocket

「きつねの花嫁・花婿」に決まった櫻井さん夫妻

岡谷市の中心市街地で29日に開く「第65回岡谷きつね祭」の実行委員会と岡谷TMOは2日、祭りのメーン行事「きつねの結こん式」で主役を務める花嫁・花婿に、塩尻市広丘吉田の会社員、櫻井譲司さん(30)隆子さん(29)夫妻を選んだ。同市カルチャーセンターで会見した2人は、「お祭りの主役になれるのは一生に一度あるかないかのこと。伝統のあるお祭りと聞いているのでプレッシャーはあるが、楽しいお祭りにできたら」と期待を込めた。

譲司さんは神奈川県、隆子さんは東京都出身。大学時代に出会い、昨年9月に入籍。今年9月に挙式する予定という。譲司さんが建設会社勤務で現場のある塩尻市に転勤になり、隆子さんは岡谷市のレイクウォーク岡谷内のテナントに勤務している。

応募は毎日通勤でJR岡谷駅から中央通りを歩いて通う隆子さんが、花嫁・花婿募集のポスターを見たことがきっかけ。譲司さんの仕事の関係で、塩尻市も期間限定の居住のため、「初めて暮らした信州での思い出づくりに」と応募した。実行委員会によると、今年は3組から問い合わせがあり、応募は櫻井さん夫妻1組だった。

祭りは29日午後2時から。中央通り、童画館通りなど中心商店街で開く。「結こん式」は午後5時30分から中央町のイルフプラザ前特設ステージで行うほか、前後にお披露目のパレードがある。

おすすめ情報

PAGE TOP