人気広がる「結婚証」 諏訪市

LINEで送る
Pocket

諏訪市が婚姻届を提出した夫婦の希望に応じて発行している結婚証

諏訪市が婚姻届を提出した夫婦に無料で発行する「結婚証」が好評だ。2人の記念にしてもらう市独自の取り組みで開始から4年半余が経過、5月末までに913枚を発行した。11・2%に当たる102枚は市外在住者で、市外の人からも人気を呼んでいる。

「結婚した時の気持ちをいつまでも忘れないでほしい」と希望者対象に2012年10月に始めた。A4判で2人の名前や生年月日、「○年○月○日に婚姻届の提出があったことを証明する」との文面を記載。デザインは諏訪湖の花火や高島城、市公認キャラクター「諏訪姫」など9種類の中から一つを選ぶ。

市市民課によると、婚姻届提出者のうち、8~9割の人から申請がある。夫婦で結婚証を持ち、記念撮影を職員に依頼する人も。インターネットで知れ渡り、遠くは青森県の人の申請もあった。市外から訪れる人は七夕やクリスマスなど季節行事に合わせて提出する傾向がある。結婚証の活用として結婚式場入り口に置く「ウエルカムボード」に飾る人もいるという。

開始当初は市に婚姻届を提出した人で、夫婦のどちらかが市に住民登録しているか今後住民登録を予定している人が対象だったが、13年4月からそれらの条件をなくし、市内外誰でも申請できるようにした。

今後も市内外の希望者に発行を続ける。市の特色を発信する「シティプロモーション」の一つに位置付けており、同課の担当者は「市外から結婚証を申請した際に市内で宿泊したり、食事をしてくれたりしたらうれしい」とPRしている。

結婚証の申請期間は婚姻日から1カ月以内。市民課にある申請書に記入し、提出する。

おすすめ情報

PAGE TOP