上諏訪温泉朝市16日から 片倉館中庭

LINEで送る
Pocket

ホテルにお楽しみ抽選券付きのチラシを届ける正副会長

諏訪市の片倉館中庭を会場に朝採りの地元農産物や食品加工品などを対面販売する「上諏訪温泉朝市」が今季は16日から始まる。10月8日まで毎週日曜日に計12回(新作花火大会翌日の9月3日は除く)催す。地元住民や旅館・ホテルの宿泊客らに午前6時~同8時まで新鮮野菜などを提供する。出店者らでつくる「上諏訪温泉朝市の会」の山崎茂会長(64)は「生産者の意識が高い朝市。国指定の重要文化財(片倉館)がある場所で行うことに意義があり、レトロな雰囲気の中で出店者とコミュニケーションを深めてもらえれば」と呼び掛けている。

朝市は6年目。1日最大25店が出店する。諏訪地方の生産農家がトマト、キュウリ、トウモロコシや果物を販売。ジャム、味噌といった食品加工品や、アクセサリー、革製品のクラフト作品も用意する。パンも売る。販売場所は来場者が買いやすいよう農産物、加工食品、クラフトの3ブロックに分ける。

買い物客には特典を用意。地元住民は7日(7回)来場、旅館・ホテル宿泊者は宿泊施設に置いてあるチラシを持ち込めば、期間終了後に行われる抽選会の参加資格が得られる。初日のみ需要を調査する宅配サービスを試験的に行う。

4日は正副会長が片倉館近くのホテルを訪ねチラシを手渡した。ホテル担当者は「片倉館は有名で、朝市に向かう宿泊者もいる」と話し、出発前の時間帯に朝市を楽しむ人も少なくないという。

県の補助金を受けず自立運営して2年目。昨年は10月後半まで16回催したが、品不足や、寒さに配慮し今回は最終日を前倒して期間短縮した。副会長で生産農家の山田和市さん(56)=諏訪市豊田=は「地元のお客さんと観光客の交流の場としていきたい」と話した。

問い合わせは諏訪市の諏訪湖温泉旅館組合(電話0266・52・7155)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP