伊駒アルプスロード 詳細ルート案を提示

LINEで送る
Pocket

ルート案(伊那市地区)

国道153号バイパス・伊駒アルプスロード(伊那市美篶青島―駒ケ根市北の原、全長約11キロ)計画で、県伊那建設事務所は20日夜、都市計画決定に向けた説明会を伊那市から始め、伊那市区間の詳細ルート案を示した。市道ナイスロードから、県道の原新田交差点東側を経由して大沢川沿いに進み、東春近田原の殿島浄化センター南側で天竜川を横断。西春近から宮田村に至るルートを提示した。

建設事務所はまた、都市計画決定に向けた手続きと平行して環境影響評価の手続きを来年度にかけて進め、2019年度の事業着手を目指していくと説明。詳細設計や用地取得などを経て、現場着工はその数年後になる見通しだ。

伊駒アルプスロードは、伊那、伊南の両バイパスをつなぐ4車線道路で幅28メートル。伊那市区間の全長は約7・2キロに及ぶ。

伊那市のルート案は、関係地区でつくるバイパス促進連絡協議会がかつて県に提出した「希望ルート」におおむね沿った内容。家屋や水田、段丘への影響がなるべく出ないよう配慮した。天竜川と三峰川への新設橋りょうは、川の流れに対してほぼ直角に架けることで、構造物の大きさを抑えていく考えだ。

建設事務所は、道路幅は28メートルだが、盛り土構造にする区間では44~52メートルの影響幅が出るとした。ルートの位置が明確に分かる縮尺2500分の1の地図もプロジェクター画面で示し、9月ごろには、これらの図面を閲覧できるようにすると伝えた。

伊那市の説明会はこの日を含めて4回開催。24日は西春近公民館、25日は富県ふるさと館、8月2日は春近郷ふれ愛館でいずれも午後7時から行う。駒ケ根市と宮田村でも同様の説明会を開く。

おすすめ情報

PAGE TOP