まんぷさん世相チクリ 日本漫画展に出品

LINEで送る
Pocket

日本漫画2017展に出品する漫画を手にする橋爪さん

長野日報で四こま漫画「オジやん君」を連載中の漫画家、橋爪まんぷさん(76)=伊那市境=が、東京・銀座のギャラリー暁で31日から始まる第48回日本漫画2017展に作品2点を出品する。今年のテーマは「フェイク!フェイク!フェイク!」で、橋爪さんは日米首脳の「多枚舌」ぶりを課題漫画に仕上げた。8月5日まで。

日本漫画の会が行う同展には、新聞や雑誌などで作品を連載している著名な漫画家55人が、一こまで表現した課題作品と自由作品をそれぞれ1点ずつ出品する。

課題漫画のタイトルは「二枚舌ならず多枚舌」で、両首脳の振る舞いを見る閻魔大王が「抜いても抜いても抜ききれない」とつぶやき、舌切りスズメは「切っても切っても切りきれない」とぼやいている。橋爪さんは「時局的にこうなった。あまりひねりすぎず、子どもさんでも分かるようにしてみたが、ちょっと素直すぎたかも…」と話している。

「土砂崩れのようなドッサリ早い救援を!」をタイトルに仕上げた 自由漫画では、災害復興は「被災者に対する資金援助を早く、潤沢に―」という願いを描いている。

初日夕には橋爪さんが在廊する予定。

入場無料。開場時間は午前11時~午後7時(初日は午後3時から、最終日は午後3時まで)。

おすすめ情報

PAGE TOP