諏訪大社御柱祭2日開幕 まず上社山出し

LINEで送る
Pocket

祭りムードが盛り上がる中、綱置場で本宮二に元綱を御柱に取り付ける諏訪市中洲・湖南地区の氏子

祭りムードが盛り上がる中、綱置場で本宮二に元綱を御柱に取り付ける諏訪市中洲・湖南地区の氏子

諏訪大社御柱祭が、2日の上社山出しで開幕する。曳行(えいこう)開始場所の茅野市・原村境の御柱街道沿いには、「一番塚」東側に安置された本宮一を先頭に主役となる8本の御柱がずらり。木作り作業や見物で一帯が祭りムードに沸く中、静かに出番を待っている。

今回の御柱曳行は「時間厳守」を前面に押し出し、日程を一部変更した。曳行前に執り行われる綱渡りの神事が、山出し初日は8本とも午前7時30分に行われる。難所の一つ茅野市穴山の大曲は8本全てが初日のうちに通過。2日目の木落しは前回より1本多く本宮三までの5本を行うなど、前回より前倒しして曳行が進む。

木落しは2日目(4月3日)に本宮一が午前9時。その後、1時間おきに前宮一、本宮二が木落しをする。午後は1時に前宮二、同2時に本宮三。3日目(同月4日)は午前9時から1時間おきに前宮三、本宮四、前宮四と続く。

国道20号横断は10分以内に行って川越しに向かう曳行路も変更。これまで細い路地を通していたルートを川沿いの道にした。

川越しは2日目が本宮一(午後1時半)、前宮一(同2時半)、本宮二(同3時半)であり曳行を終了する。3日目の川越しは前宮二が午前9時半、本宮三が同11時。前宮三が午後1時半、本宮四が同2時半、前宮四が同3時半と続く。

各御柱は、川越しから1時間後に山出し到着地点の茅野市安国寺の御柱屋敷に曳き着ける。

本番直前の3月31日には、本宮二の綱置場で木づくりがあり、担当する諏訪市の中洲・湖南地区から約350人の氏子が集まって手際よく作業を行っていた。メドデコや元綱を取り付け終わり、笠原透大総代は「素晴らしい綱、素晴らしいメドデコがついた。後は2日を待つばかり」とあいさつ。牛山正大総代は「きれいな曳行を見せたい」と話した。

茅野署によると、今回の上社山出しの3日間で、これまで最多の100万人を超す人出を予想している。安全の確保のため、御柱曳行に関わる氏子と観光客を区別して規制。最も混み合う木落しが行われる場所周辺では、鉄道ガード下の人の流れを曳行方向に一方通行と決め逆流を禁止している。

おすすめ情報

PAGE TOP