地域の安全と無病息災願い「おさんやり」

LINEで送る
Pocket

巨大な柴舟を巡行して災厄をはらった「おさんやり」=箕輪町南小河内

箕輪町南小河内に伝わる町無形民俗文化財の厄よけ行事「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日、行われた。区民たちが全長約10メートルの巨大な柴舟を担いで勇ましく巡行し、地域の安全と無病息災を願った。

おさんやりは、天竜川と逆方向に流れる「大堰」を介して疫病がまん延した際、舟に見立てたみこしで清め流したのが起源とされる。盆の伝統行事として200年以上の歴史があり、悪天候でも欠かさず続けてきたという。

ナラやカラマツ材でこしらえた柴舟は、全長約10メートル、高さ約3・5メートル、重さ約600キロの立派な造り。白い服装の男衆約50人が交代で担ぎ、堂の前広場を発着点に2時間ほどかけて区内をぐるりと巡った。途中で伝統の「よいそれ節」を披露したほか、巡行後は柴舟を壊して、厄よけの破片を持ち帰った。

実行委員会会長の根橋清二区長は「厄よけの伝統はもちろん、若者や帰省者らを含め大勢の人をつなぐ大切な行事になっている。みんなで絆を深めながら、次の世代へ引き継ぎたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP