赤ちゃんはパパとダンス ゆったり映画鑑賞

LINEで送る
Pocket

母親の映画鑑賞中、赤ちゃんと一緒に運動する父親たち

小さな子どもがいる母親に、ゆっくり気兼ねなく映画を鑑賞してもらう、ママのための映画鑑賞会「ママシネマ」が19日、茅野市の新星劇場であった。母親たちがしばし子育てを忘れて映画を楽しんでいる間、一部の父親は近くの施設で赤ちゃんの面倒をみながらベビーダンスなどを体験した。

小津安二郎記念・蓼科高原映画祭プレイベント第7弾として、同映画祭実行委員会が市家庭教育センターとのタイアップで開催。赤ちゃんなど小さな子どもがいる母親に気兼ねなく映画を楽しんでもらうだけでなく、父親の積極的な育児参加を啓発する目的で開いた。映画は同センターがママを対象に実施したアンケートで人気の高かった作品「orange―オレンジ」を上映した。

母親が映画鑑賞中、夫の一部は赤ちゃんらと近くの「バース&デイズ」で実施した「ベビーダンス&ベビーとパパトレ」に参加。子どもと触れ合いながら運動やダンスをする「ベビーダンス」は山本美枝さん、丁度良い重さの子どもを負荷にして遊び感覚で体を鍛える「パパトレ」は北原晃浩さんが指導した。

激しい運動ではないが、運動不足の父親にとってはついていくのがやっと。それでもわが子との触れ合いを喜びながら取り組んでいた。税理士の長崎晃大さん(37)=下諏訪町=は「妻には少しでも自由な時間をつくってあげたいが、まだ子どもが小さくて難しい。自分の時間もほとんどなく子育てする妻には感謝している」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP