岡谷、田中、神明3小学校 統合記念式典に児童ら1300人

LINEで送る
Pocket

岡谷市の岡谷、田中、神明3小学校の統合記念式典(市、市教委主催)が2日、同市のカノラホールであった。岡谷田中小、神明小の2~6年生、保護者、学校関係者、地域住民ら合わせて約1300人が出席。希望と笑顔を輝かせ、新たな歴史の一歩を踏み出した。

児童約720人が「みんな大好き」を歌って幕開け。児童が司会進行し、「わたしたちの歩み」と題して3校の交流活動をスライドで上映。合同遠足やアスレチック、校内探検など1年間にわたる活動を振り返り、「2校の未来を私たちがつくっていきます」と力強く宣言した。地域住民からの激励メッセージも寄せられた。

児童を代表し、6年生で児童会本部役員がそれぞれあいさつ。岡谷田中小の小口太一君は「絆を深め、2校の伝統をつないでいきたい」、神明小の山田翔大君は「笑顔と仲良しの輪を広げ、今以上に良い学校となるよう頑張ろう」と呼び掛けた。

今井竜五市長はあいさつで「長い歴史と伝統を誇る3校が統合し、新たな歴史がスタートする。子どもたちが大きな夢と希望を持って歩むことを願う」と述べた。

岡谷小は2013年に軟弱地質のため学校敷地には適さないと判断され、昨年度末に142年の歴史に幕を閉じた。4月から統合先となる2校に通い、新入生を含め、岡谷田中小は421人、神明小は456人となる。

おすすめ情報

PAGE TOP