手ぶらで女子キャンプ 来月2、3日宮田高原

LINEで送る
Pocket

「女子キャンプ」案内役の、こいしゆうかさん

宮田村の宮田高原で9月2、3の両日、「こいしゆうかと行く―手ぶらで宮田村女子キャンプ」が行われる。同村PR大使でキャンプコーディネーター、イラストレーターのこいしゆうかさん=東京都=の案内で、女性だけで1泊のキャンプを楽しむイベント。「気軽に手ぶらで来てほしい」と、20歳以上の女性を対象に参加者を募集している。

同村と、こいしさん、アウトドアシューズブランド「KEEN」の共催。女性視点でキャンプを楽しむ「女子キャンプ」の提唱者であるこいしさんが、女子キャンプの魅力を伝えるとともに、宮田高原や宮田村をPRしようと企画した。こいしさんがデザインした1人用テント「パンダ」をはじめ、キャンプに必要な道具は主催者側で用意する。

初日は午前11時に宮田村役場に集合。本坊酒造マルス信州蒸溜所や宮田とうふ工房などを見学し、宮田高原キャンプ場へ向かう。こいしさんから説明を受けてテントを設営。夕食は宮田産の食材を使った料理を提供する。

2日目は、同高原から黒川支流の不動滝を目指すウオーキング。靴は「KEEN」のアウトドアシューズを無料で貸し出す。

村では「キャンプに関心がある初心者や、こいしさんと交流したい人など、気軽に参加してほしい」と呼び掛けている。

定員20人で先着順。29日締め切り。参加費1万3000円。申し込み、問い合わせは村産業振興推進室(電話0265・85・3181)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP