岡谷工がロボコンキャリーの部で全国へ

LINEで送る
Pocket

自作ロボットでペットボトルを運搬し、高得点を競ったキャリーロボット競技

県内の工業高校生が自作ロボットの性能を競う「ROBOCON(ロボコン)IN 信州」(同実行委員会など主催)が2日、下諏訪町の下諏訪体育館であった。競技4部門に11校から75チームが出場し、工夫を凝らしたロボットで正確な動きや速さを競った。キャリーロボットの部は、岡谷工など上位4チームが全国大会への出場権を得た。

競技はインテリジェント・カーレース(自走)、相撲、マイコンカーラリーなど。このうち全国大会(10月21、22日、秋田市)につながるキャリーの部には12チームが出場。開催地にちなんだ秋田竿燈まつりをモチーフに、稲穂やきりたんぽに見立てたペットボトルを集め、さおに取り付ける競技で、各チームは自作ロボットを2台ずつ使って高得点を目指した。

大会の模様は長野朝日放送で10月8日午後3時25分から放映される。

諏訪地方関連の結果は次の通り。

【キャリーロボット】(1)岡谷工C-A(赤羽勇飛、小口実慎、河西大地、垣崎明、宮下直樹)(2)岡谷工C-B(三澤匠麿、堀内洸希、斉藤勇樹、藤原竜也、上島涼)

【インテリジェント・ロボット・カーレース】(2)岡谷工J-B(有賀孝一)▽アイデア賞=岡谷工J-A(浅井威風)

【ロボット相撲】(1)岡谷工S-C(山田優輝)(2)岡谷工S-B(小口翔汰)(3)岡谷工S-A(山田圭吾、小野俊郁)▽特別賞=岡谷工S-D(神通川和也)

【マイコンカーラリー】◇ベーシック(1)岡谷工MB-D(小引廉)(2)岡谷工MB-A(佐藤直也)(3)岡谷工MB-B(三木陵也)▽特別賞=岡谷工MB-C(小澤玲音)

おすすめ情報

PAGE TOP