諏訪の魅力HPで発信 諏訪圏JC

LINEで送る
Pocket

諏訪圏青年会議所(JC)は15日、諏訪地域の観光地や魅力を発信するホームページを開設する。首都圏中心の女性らでつくる写真サークル「東京カメラガールズ」のメンバーが諏訪地域で撮影した写真180枚を掲載。20~40代の女性をターゲットにPRし、誘客を促進する。

東京カメラガールズは写真共有アプリ「インスタグラム」を活用し、自身が撮影した日常風景や旅行先での体験を公開している。同世代の女性が多く閲覧しており、今回のターゲット層と一致することから協力を依頼した。7月に諏訪地域を観光し、八ケ岳や諏訪湖周辺の観光施設や街なかで撮影した。同JCは5~8月にかけて、東京都、神奈川、千葉、埼玉、愛知各県の住民らを対象にアンケートを実施。諏訪地域には自然や食といったイメージを持っていることから、それを意識して写真を撮ってもらった。

ホームページでは36カ所について1カ所5枚ずつ掲載。観光施設や風景以外に、そば打ち体験や時計作りなども紹介している。文章は簡潔にして、女性向け雑誌のような体裁に仕上げたという。インターネットを通じて交流するSNSが普及する中、矢崎高広・まちづくりひとづくり委員長(39)は「何気なくSNSを見ていたら諏訪に行きたくなるような宣伝活動にしたい」と意気込んだ。

15日午後7時から茅野市のマリオローヤル会館で開く例会で完成したホームページを披露する。百貨店で商品開発や販売戦略に関わった経験のある山本聖さんが「売れる地域の魅力」をテーマに講演する。一般の来場も受け付けている。参加無料。申し込みは諏訪圏JC(電話0266・54・6980、ファックス0266・54・6981)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP