高島公園の桜開花 1992年以降最速で宣言

LINEで送る
Pocket

ほころび始めた諏訪市高島公園の桜

ほころび始めた諏訪市高島公園の桜

諏訪市高島公園の桜がほころび始め、市は、記録を取り始めた1992年以降で最も早く開花を宣言した。園内にはソメイヨシノを中心に約90本が植わり、1週間から10日後に見頃を迎えそうという。

開花日は4日。昨年12月から3月にかけての暖かさを反映し、これまでの記録だった3年前の「4月5日」を更新した。園内には約70個のちょうちんを設置。散るまで夜間点灯し、観桜期の雰囲気を引き立てる。

5日、開花を確認しながら公園内を巡った金子ゆかり市長は「(諏訪大社御柱祭)上社山出しと、下社山出しの合間に開花した。桜も御柱を祝ってくれているよう」。市内には、桜とスイセンが共演する赤沼の上川河川敷や「千本桜」と呼ばれる西山公園などの名所もあり、花見客でにぎわうことを願っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP