駒ケ根に「成美カフェ」オープン

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市の中心市街地にカフェをオープンした成美さん

伊那市出身のタレント成美さん(28)が駒ケ根市の中心市街地で進めてきた空き店舗のリノベーション(改修)が完成し、「成美カフェ」として開業した。中心市街地の再生やまちづくりの拠点として、地域とともに育てていきたいと意気込んでいる。

カフェは国道153号と県道駒ケ根長谷線(日の出町通り)の交差点に面した立地。空き店舗だった2階を、ボランティアの力を借りるなどしてリノベーションした。内装は薄いオレンジ色をベースに、海をイメージした雰囲気で装飾。1階の店舗入口には「フォトスポットとして楽しんでほしい」と、壁に天使の羽根を描いた。

外の皮はそのままで中の果肉だけをジュースにした「カジュッタ」や県内では珍しいというベトナムコーヒーなど、メニューは今のところ飲み物が中心。食べ物メニューも充実させていく考えで、成美さんが学生時代にアルバイトで腕を磨いたというお好み焼きや、要望の多いピザなどの定番化を検討している。「『インスタ映え』しそうなお洒落なメニューで若者を呼びたい」と張り切る。

カフェの開店は、仕事の拠点を東京から県内に移すことを考える中で、地域の人たちと地元のまちを盛り上げたいと考えたため。同市の中心市街地再生を目指す「こまがねテラス」にも参加。「地元で活躍する人たちと積極的に協力し、まちを元気にしたい。そうした活動の拠点になれば」と夢を膨らませる。

タレント活動も続けるため店に立つ時間は限られるが、「できるだけお客さんと接したい」笑顔。「アイドルやタレントの活動に加え、開店準備も多くの人に支えてもらった。恩返しをしながら、人と人、人とまちをつなぎ、元気が出るパワースポットのようなお店にしたいです」と話している。

営業は午前7時~午後10時。火曜日定休。問い合わせは同店(電話0265・95・2507)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP