見応え力作1500点 きょうから信州書道展

LINEで送る
Pocket

応募1500点を展示した信州書道展会場=諏訪市文化センター

第44回信州書道展(長野日報社主催、南日書道協会など後援)は23日から諏訪市文化センターで始まる。22日は関係者が展示作業を行い、応募があった約1500点を展示して来観者を迎える準備を整えた。同展は24日までの2日間。24日は午後1時から表彰式を行う。

書道文化の向上を目的に開いている公募展。7月30日に審査し、小学、中学、高校、一般の各部門で文部科学大臣賞など各賞を決めた。書道展総務部長の藤沢舟芳さんは「今年は例年よりも余裕のある展示ができた。作品は特に高校生のレベルが高く、見応えがあると思う。ゆったりと作品鑑賞を楽しんでほしい」と話していた。

23日が午前9時~午後5時。24日は午前9時~午後2時ごろまで。入場は無料。

おすすめ情報

PAGE TOP