健康・消費テーマに「生活展」 下諏訪町

LINEで送る
Pocket

健康生活展で骨密度を測定する来場者

下諏訪町の健康生活展と消費生活展は23日、町保健センターを主会場に開いた。健康な生活や安心安全な暮らしに役立つさまざまな体験や企画、展示のコーナーを開設。多くの町民が訪れた。

健康生活展は今年が46回目で、「見直そう健康づくり、深めよう地域の絆」がテーマ。健康チェックでは骨密度測定のほか、体の脂肪や筋肉量などが分かる体組成計測が受けられ、測定待ちの列ができた。タブレット端末を使って物忘れについてチェックするコーナーも用意された。

食生活に関わるコーナーでは、塩分控えめで野菜がたっぷりの「キュウリとシメジのマリネ」など2品のレシピ紹介や試食があり、健康につながる食生活を学んだ。

日常生活に関わる二つのイベントを毎年同時開催している。同町矢木東の男性(75)は「毎年楽しみに来ている。特に健康チェックを受けると、体の心配がなく安心して暮らせる」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP