茅野駅周辺 街中がアート空間

LINEで送る
Pocket

鳥の巣箱に見立てたアート作品が通りの木々に展示された「ギャラリー・バードハウス」

八ケ岳JOMONライフフェスティバル・縄文アートプロジェクト2017が開催されている茅野市内で、全国各地から集まった作家の個性豊かな芸術作品が街中を彩っている。JR茅野駅から市役所までの通りでは、鳥の巣箱に見立てた作品を展示する「ギャラリー・バードハウス」、駅周辺の公共施設や協力店舗では、さまざまなジャンルの作品を気軽に楽しめる「まちの展」を開催中。街を歩く人たちは、自然にアートと触れ合っている。会期はいずれも22日まで。

ギャラリー・バードハウスは、画家の小川格さん=同市豊平=の提案企画。「縄文の湧き上がる創造力に想いを馳せたアート」をコンセプトにし、鳥の巣箱に見立てた小箱にアートを詰め込んだ作品を公募した。街中の木々に飾り付ける野外展示企画だ。

全国の作家30人から約70点の作品が寄せられた。市民館の中庭、同館から市役所まで続く道沿いで、作家が個々に気に入った場所の木を選び、作品を展示。芸術がいっぱいに詰め込まれた小箱は、見慣れた街の風景をアート空間へと変えている。

「まちの展」は作家同士の交流やジャンルに捉われない展示を目的とし、3回目の開催。市民館をメイン会場に、ポータブルスペース「モチヨリチカバ」、駅周辺の書店や陶磁器店、時計店、カフェ、うなぎ料理店など11カ所(店舗は9店)に、絵画や写真、立体作品など、多彩なジャンルの大小さまざまな作品約200点を展示した。

街中に溢れる作品は、作家が普段とは異なる作風やジャンルに意欲的にチャレンジした作品が多く、遊び心もあふれている。

おすすめ情報

PAGE TOP