幻想 秋の大芝 28日までイルミフェス

LINEで送る
Pocket

美しいイルミネーション作品がともり、幻想的な雰囲気を見せる大芝高原

南箕輪村大芝高原の第12回イルミネーションフェスティバルが7日夜、始まった。企業や学校、保育園、団体などが製作した電飾作品約300基が設置され、美しい光が秋の高原の夜を彩っている。28日までの毎日午後6~10時に点灯させる。

人気アニメのキャラクターや村のマスコットキャラ「まっくん」の作品が並び、ジャンボジェット機や2020年東京五輪のイルミネーションもお目見え。電飾数を増やした長さ約120メートルの「光のトンネル」が来場者を出迎えている。

地域活性化を目的に06年から始まり、1シーズンで延べ10万人以上を集客するイベントに成長した。唐木一直村長は「地域を代表するイベントになった。このイベントを通じて地域を元気にしたい」とあいさつした。

入場無料。期間中は週末の夜を中心にコンサートや演奏会がある。問い合わせは実行委事務局(電話0265・72・6265)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP